top of page

ヨガの内科医:ヨーガ療法士について

REMEDYでは,心と体の不調を改善するために,また,より健康になるためのヨガを提供しています.ヨガを指導するのは,インドのヨーガ研究財団(sVYASA)および日本ヨーガ・ニケタンのヨーガ療法士養成講座を修了した(社)ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士です.


ヨガ療法士(Yoga therapist)とヨガインストラクターはどう違うのでしょうか?

長年,ヨガを研究されてきた医師であるDr. M.ボーレ(カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所) は,ヨガ療法士とヨガインストラクターの違いについて次のように述べています.


「ヨーガ教師(インストラクター)はヨーガの技法を教えるだけです.医学的には診断をせずに患者に薬を与えるだけのヨーガ薬剤師とでも言えます.しかし,ヨーガ療法士の場合は人間心理全体を扱い,医学的にはヨーガ内科医と言えます.」

(ヨーガ療法概論 日本ヨーガ・ニケタン)


ヨガ療法士は,ヨガの各技法(体操法・呼吸法・瞑想法)の効用について良く理解した上で,一人一人の心身の状態を見立て,不調の克服や健康を促進するために適した各種技法を選択し指導を行い,その人自身の力で健康を促進する方法を習得するのを支援する専門家だと考えられています.

これまで私は20年にわたり日本人やアメリカ人などのヨガインストラクターから,ハタヨガやヴィンヤサフローヨガ,リストラティブヨガなどのヨガを学び実践してきました.2019年からは「心身の健康のためのヨガを学びたい」とヨーガ療法士養成講座を受講し,インドの伝統的なヨガやヨーガ療法を学び,自分自身でも実践してきました.伝統的ヨガやヨーガ療法は,それまで自分がヨガスタジオで習ったヨガのスタイルとは異なることも多くて驚きましたが,この4年間の私自身の心と体の変化を通して,伝統的ヨガやヨーガ療法の効果を実感しています.


「今日はどんなヨガをしていただいたら心と体が楽になるだろうか」

「どのヨガの体操や呼吸法を覚えてもらったら,この方の不調を改善できるだろうか」

そんな思いでみなさまのお越しをお待ちしています.


Comments


bottom of page