top of page

認知機能を高めるヨガ

ヨガの心と体への健康効果はよく知られていますが,近年,注目されているのがヨガによる認知機能の改善です.

 

認知機能は,注意を集中したり,物事について考えたり,正しい判断をしたり,必要なことを記憶するなど,健やかな生活を送るうえで欠かせない重要なものですが,加齢や慢性的なストレス,強い疲労,精神的な不調などにより低下してしまいます.みなさんも睡眠不足が続いて疲れている時や気持ちが沈んでいる時には,一つのことに集中できない,落ち着いて物事を考えられないと感じたことがあるのではないでしょうか.認知機能の低下を予防する,または認知機能を高めることは,年を重ねても活き活きとした日々を過ごすために大切ですが,それだけでなく仕事や学業,スポーツのパフォーマンスを高めることにも役立ちます.

 

ヨガは認知機能の改善に役立つことが知られるようになってきましたが,なぜヨガが認知機能に影響を与えるのかはまだ明らかとなっていません.ヨガが認知機能に影響を与える要因にはいくつかのものが考えられますが,私は運動と呼吸をうまく組み合わせてヨガを行うによって,より効果的に認知機能を高められるのではないかと考えています.

 

運動が認知機能に影響を与えることはすでに知られていますが,ヨガのような穏やかな運動でも認知機能が改善することが近年明らかとなっています.また呼気が長めのゆっくりとした呼吸によって,認知機能と関連する脳部位(前頭前野)が活性化することも知られています.その人にとって無理のないヨガの動作を長めの呼気を意識したゆっくりと呼吸と組み合わせて行うことで,相加的にまたは相乗的に認知機能を高める効果が得られるのではないかと期待しています.



ヨガで効果的に認知機能を高めるには・・・

* 呼吸がしやすいヨガの動作と長めの呼気を意識した呼吸と組み合わせて行う

→「ゆっくりとしたヨガの動作(穏やかな運動)」と「長めの呼気を意識したゆっくりとした呼吸(呼吸法)」の合わせ技

 

ヨガ後の感想で「視界がクリアになりました」「頭がスッキリしました」という声を聞くがあります.こうした変化は,ヨガをしたことで認知機能に関連する脳部位の活性化が影響していることが考えられます.集中できない,頭がボーっとする,そんな時には穏やかな運動と呼吸を組み合わせたヨガが役に立つかもしれませんね.

閲覧数:42回0件のコメント

Comments


bottom of page