top of page

こりや痛みを改善するためのヨガ

更新日:1月26日

肩や首のこり,腰痛,膝の痛みなど身体に不調を感じたことで「ヨガをしてみよう」と思う方も多くいらっしゃいます.ヨガには首,肩,腰,膝など身体の各部位を穏やかに動かす体操が複数あります.コリを感じる部分を無理なく動かし,筋肉や関節の柔軟性を回復し,血行を促進することで症状を改善することができます.こうした体操は,座った姿勢や仰向けの姿勢など,痛みのある部分に負担のかからない状態で行うことも可能です.体の負担のない姿勢で,無理なく不調を改善したい各部分を動かすことができるヨガは,体のこりや痛みのある方の不調改善に適した運動だと考えられます.



 しかし,ヨガには身体の不調の改善を目的としたものだけでなく,ポーズの上達を目指すスタイルや,エクササイズとしてある一定のヨガのポーズを連続して繰り返すスタイルなど,ヨガのスタイルによっては,不調のある方や身体に痛みがある方の身体には負担が大きいものもあります.



 

では,不調の改善のためにはどんなヨガを選べばいいのでしょうか.数あるヨガのスタイルのなかでも,ヨーガ療法 (Yoga therapy) は心身の不調や各種疾患を持つ人を対象にヨガの指導が行われており,インドの医療機関や教育機関では補完代替療法としての実践,さらに研究が行われています.日本では一般社団法人ヨーガ療法学会の認定ヨーガ療法士が,インドの「スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(sVYASA)」のヨーガ療法士養成講座を修了し,不調や疾患を抱えた人の健康の回復を目的に,一人一人の心身の状態を配慮した上で,安全に効果的にヨガを指導するための教育を受けています.



 首や肩のこり,腰痛や膝の痛みなど,不調を改善するためにヨガをしてみようと思った時には,今の自分の体に負担のないヨガのスタイルを選んでみてください.またクラスレッスンの場合には,穏やかなスタイルから始めてみることや,ヨガ中に痛みがあるポーズや動きは加減しながら行うなど無理をせずに試すことをお勧めします.プライベートレッスンの場合は,不調がある箇所や痛みの程度,どのような姿勢や動きに痛みが出るのかなどを指導者とよく相談することで不調を改善するヨガをテーラーメードで行うことができます.

 

ヨガをすることがみなさまの不調の改善に役立ちますように.このブログが「こりや痛みの改善のためにヨガを試してみよう」と思っていらっしゃる方のヒントになれば幸いです.

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page